会長挨拶 会長挨拶
2021年度 会長 林 璋鎬

 

韓国大阪青年会議所 第52代会長 林 璋鎬

【会長挨拶】

新年あけましておめでとう御座います。
年頭に当たり、謹んでご挨拶申しあげます。
2021年度 韓国大阪青年会議所第52代会長を務めさせて頂きます、林 璋鎬と申します。
初めに、出会い、友情、成長、様々な機会を与えて頂いている韓国大阪青年会議所に心より感謝申し上げます。
私は、2021年度会長の重責を担うにあたり、今のままの私では到底力不足だと実感しています。
歴史ある韓国大阪青年会議所の一年を繋ぐ役割を果たす為には、誰よりも努力し謙虚な姿勢でなければならないと考えています。
そして現在先の見えないコロナ禍の中、大変ご苦労されているメンバーも少なからずおられると思います。
その中で会長として何ができるのか、何を行っていかなければいけないのかを真摯に考え行動して行きたいと考えています。
そして、近年日本でも少子高齢化に伴い外国人労働者を始め、在日外国人の増加が進んでいる中、今まで以上に我々韓国大阪青年会議所に求められる役割も大きくなると思います。
その為在日同胞は元より、在日外国人や外国にルーツを持つ日本人など日本の社会の片隅に暮らす人々に韓国大阪青年会議所は光を当て、その多様性が広く理解され活躍できる社会創りに貢献していかなければならないと考えています。
そしてさらに、社会から共感を得られる団体となり、次世代に向けて舵をとっていく必要があると思っています。
最後に、見返りを求めず一年間韓国大阪青年会議所に自分を捧げる不惜身命の精神で努力する事をお約束致します。


【スローガンについて】
『多文化共生~すべての人が活躍できる社会を目指して~』
国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的違いを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、共に生きて行ける社会創りに貢献する。
そして、今まで以上に社会から共感を得られる団体を目指す。

【運営方針】
『韓国大阪青年会議所50年の歴史から学び、未来を創造し韓国大阪青年会議所の役割を創造する。』
2021年度は韓国大阪青年会議所創立50周年という記念の年です。
私たちが現在数多くの方々と出会い友情を育みJC運動を行える機会があるのはつらい時代でも熱い情熱とプライドを持ち、一年また一年と歴史を築き上げてこられました先輩諸兄の皆様の尽力のお陰に違いありません。
そして現在、新型コロナウイルスの流行により急激に社会が変化し、従来の価値観が変容する中で新しい時代に対応していかなくてはなりません。
こんな時代だからこそ50年の歴史を振り返り、どのように韓国大阪青年会議所が変化し行動していけば良いのかを創造する1年にします。
また、近年の傾向として韓国大阪青年会議所メンバーの在籍年数の短期化という課題を抱える中、メンバー全員が当事者意識を持ち行動してゆけるような人財の育成が急務となっています。
その為、韓国大阪青年会議所は多文化共生の重要性を提議しSDGsの要素を取り入れた活動を積極的に行うことを指針とし、韓国大阪青年会議所を牽引できる人財を積極的に育成して参ります。
また、韓国大阪青年会議所は社団法人韓国青年会議所に所属するLOMでありながら日本の地でJC運動を行う特別な青年会議所であるからこそ社会に貢献できる機会を考えます。
そして、近年日本でも少子高齢化に伴い外国人労働者を始め、在留外国人の増加が進んでいる中、在日団体としての経験と歴史がある韓国大阪青年会議所の役割も大きくなると考えます。
その為、韓国大阪青年会議所の在日同胞は元より在留外国人や外国にルーツを持つ日本人など社会の片隅に暮らす全ての人々へ光を当て、その人々の多様性が広く理解され活躍できる社会創りに貢献していかなければならないと考えます。 韓国大阪青年会議所は、より一層社会から共感を得られる団体となり次世代に向けて舵をとり全ての人が活躍できる社会になることを目指します。
その為の一つの指針として、以下のテーマを掲げさせていただきます。
多文化共生をテーマに韓国大阪青年会議所の全メンバーが一致団結し50周年記念事業を構築することと致します。